保湿と適度なマッサージで老廃物を流す

お肌のお手入れは20代前半から気にするようになり、スキンケアの商品は良いという話を聞けば1度は試してみたくなるので、毎回違う商品を使っています。それは、30歳になった今でも同じです。

私の中では、化粧水などもずっと同じものを使っていると肌も慣れてきてしまうのではないかと思っています。

なので、基本的には1本使い終わったら違う商品を試したりしています。今は、たくさんの商品が次から次へと出ていますし、成分も進化しています。その時の肌の状態も常に同じという訳ではないので、いろんな商品を使うことで私は少しでも若々しくなるように頑張っています。

また、リンパの流れを良くするように「かっさ」で顔の血行もよくしています。マッサージの後は顔が赤くなりますが同時に首もかっさで流してあげるとスッキリとなります。特にこれらは20代からやっていたことではありますが、30歳になってから特に気を付けているのは、洗顔の時やメイク落としの時に目をこすらないようにはしています。

昔は、ゴシゴシ気にすることなくこすっていましたが、小じわになりつつあるので気を付けていますし、目元は重点的に保湿をしています。高い化粧品はなかなか買う勇気がないので使いませんが、保湿と適度なマッサージだけはいつもかかさずやっていますので、ほうれい線がないのが自慢です。